注目の記事 PICK UP!

お宮参りについて

お宮参りとは

概要

出産後の一番最初のイベントといえばお宮参りではないでしょうか?
お宮参りとは、赤ちゃんをその土地の氏神様に参拝させて、新しい氏子として祝福を受けるという意味があります。今では、赤ちゃんが無事に産まれたことの感謝を伝えるとともに、健やかな成長を祈る儀式として行われています。

お宮参りでは、基本的には赤ちゃんを抱くのは父方の祖母とされていますが、ママが抱っこするケースも増えているようです。

その辺りのご親族との調整はパパの出番です!
出来ればママの希望に沿うように調整してあげてくださいね。

いつ、どこに行けばいいの?

時期については一般的には生後1ヶ月のタイミングで行うことが多いですが、赤ちゃんの性別によっても若干変わってきます。赤ちゃんが男の子なら生後31日、女の子なら生後32日に参拝するのが一般的です。
ただ、現在では、生まれた季節や地域によって柔軟に行われていることが多いのであまり気にしないで良いと思います。

真冬や真夏だと赤ちゃんへの負担も大きいですし、ママも産後で疲れています。体調と相談しながら決めてあげてください。

息子

僕も生後1ヶ月半くらいで行ったよ


その土地の氏神様へ、ということで基本的にはお家から近い地元の神社が良いと思いますが、お好きなところで問題ありません。

服装はどうするの?

服装については、カジュアル過ぎなければ問題ありません。
うちの場合は、スタジオアリスが近くにあり、そこで掛け着をレンタル出来たので、掛け着を着せて(正確には祖母に掛けて)、パパの私はスーツ、ママは産後ということで楽な服装で行きました。

掛け着はこういったものです↓

まとめ

出産後、親族が絡んだ初めてのイベント。
昔からのしきたりなど、地域によっても色々あると思いますが、何より、赤ちゃんとママの体調を優先すべきです。真夏で35℃近くある日中に出かけてしまい熱中症になっては本末転倒です。

決めておいた方が良いこと

・いつにするのか(赤ちゃんとママの体調と季節を考えて)
・誰が抱っこするのか?
・自分たちの服装はどうするのか?
・赤ちゃんの祝い着はどうするのか?(和装?ベビードレス?)
・お金はどうするのか?

気候の良い時期、体調の良い時期にお宮参りを設定してあげるのもパパの役目だと思いますので、ぜひパパ主体で手配をしてあげてくださいね。

関連記事

  1. 「スーパーマリオ」のレジャー関連グッズが発売!家族と「おうちレジャー」を楽しもう♪ 

  2. 「京急ミュージアム貸切プラン」横浜東急REIホテルの開業1周年企画

  3. ベビースターのテーマパーク「リトルおやつタウン Namba」 7月17日から夏休み期間限定で『職業体…

  4. 【立川PLAY! MUSEUM】ぐりとぐらになって絵本の世界を歩こう♪「ぐりとぐら しあわせの本」展…

  5. 【レビュー】高機能のコールマン『スクリーンシェード』は夏のアウトドアに最適!

  6. JR東日本が親子で楽しめる「東京総合車両センターのリモート社会科見学」を実施

  7. 「木のおもちゃ」が子どもの五感を刺激…「木育」テーマの新スポット 香りで親もリラックス【愛媛発】

  8. お庭でキャンプ気分♪目隠しやテントなど必要なもの10選【初心者必見】

  9. 保育園登園用にも!1歳〜2歳前後で着れるかわいい子供用レインポンチョ5選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

おすすめ記事

特集記事

  1. お出かけや備蓄に便利!育児用液体ミルク「森永はぐくみ 液体ミルク」4月19日(火…
  2. 初節句のお祝いの記念写真をシェアしよう!スタジオアリス・アカチャンホンポがIns…
  3. ケールのパワーをお子さんへもお届け! おいしく栄養たっぷりのケールを使った離乳食…
  4. 累計150万部の育児シリーズ『0歳からの教育』。個性豊かな成長を支え、英語力や理…
  5. コンパクトに折りたためてアウトドアでも活躍するベビーカー【CURIOストローラー…

ブログランキングに参加しています

PAGE TOP